【就活NG集】あるある就職活動のミス

こんにちは!
株式会社アクセア 採用担当の池畠です。

気温の差が激しい毎日ですが皆さんお風邪などひいていないでしょうか?さて、今週のブログ特集のテーマは「就職活動のミス」ですが

この時期皆さんもすでに何社かの面接を受けていますよね?
面接はワンチャンス!
どんなに入りたかった企業でも、
緊張のあまり言いたいことが全て飛んでしまった・・・前の人の答えに引っ張られてしまった・・・
など、失敗はあってもやり直しは出来ず、すべてそこで決まってしまいます。
そこで!
少しでも緊張を和らげるための下準備を伝授してみたいと思います。
【身だしなみをしっかり!】
スーツやシャツがきちんとしていればそれだけで背筋もシャンとして、自信をもって自分をアピールできますよ。
色柄シャツやフリルのついたシャツなど、服装に個性を出すのも実はかなり企業を選びます。
(面接内容によっては悪目立ちしてしまうことも・・・)
企業によってはスーツじゃなくてもいいところもあるようなので、わからなければ採用担当の方に聞きましょう!
【企業の情報を調べておく】
実は面接官が知りたい事の一つに、「入社後のギャップがないかどうか」があります。
入社後のイメージをしっかり膨らませて、分からないことは説明会や採用担当者に聞く等、
志望度の高さをアピールしましょう。
企業の商品や業務についても同様にしっかり調べておきましょう。
【グループ面接対策として】
質問内容に積極的に答えると面接対策がばっちりであることが伺えて、印象が良いです。
挙手制であればなるべく一番最初に応えられるよう積極的に参加しましょう。
また、他の学生さんのお話にも耳を傾けておきましょう。
傾聴姿勢が良いと好印象です。
自信がなさそうに話すと、声も小さくなり、余計伝わりにくくなります。
緊張で言葉に詰まってしまうようなら、あせあせ応えるよりも
「少々考えさせてください」と間を頂き、回答プロットをある程度練ってからハキハキと話しましょう。
重要なのは詰まらず話すことではなく、面接官に「自分をアピールする」ことです。
【質問を用意しておく】
だいたい面接では面接官に「何か質問はありますか?」と聞かれますね。
つまり、事前に対策可能な質問がひとつあると考えるべきです。
前述にもありますが、面接は相互理解の場です。
お互いを知る上で、質問は欠かせませんし、私は知っているというアピールにもなります。
質問の着眼点が良いと面接官の印象もだいぶ上がります。
事前にいくつか用意していって、積極的に質問すればきっと印象に残るはずです。
 その他、交通事情や道に迷って遅刻してしまう、などという初歩的なミスもありますが、
そういう時はすぐに連絡を入れて、素直に状況を話してみてください。
採用側としても、なるべく多くの方々に受験して欲しいと考えているはずですので、
きっと柔軟な対応をとってくれるはずです。

皆さんの就活が実り多いものになりますように!


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL