会社概要


会社概要

商号 株式会社アクセア
本社
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-4-11 麹町スクエアプラザ2F
大阪本社
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル5F
店舗 店舗一覧
設立年月日 平成14年11月
従業員数 400名
業務内容 印刷、製本業及びコピーサービス、
印刷物の企画・デザイン
通信販売業務、コピー機等オフィス機器の販売、
ホームページの企画・制作・運営、システム開発、
翻訳サービス、看板の企画、設計、施工
屋外広告業務
資本 1億8,749万9,000円
(資本金99,749,500円 資本準備金87,749,500円)
役員
代表取締役吉田 忠司
取締役年代 勝
取締役谷間 高(公認会計士)
社外取締役村上 元茂(弁護士)
監査役淺野 雅文(公認会計士)

関連会社

ACCEA USA Inc.
資本 50.5万USドル
所在地 889 1st Avenue, New York, Midtown East, New York City, NY 10022
URL http://accea.net/

アクセアシステム開発株式会社
資本 3,500万円
所在地 東京都千代田区麹町2-4-11
URL http://acceasys.com/

沿革

平成14年 東京都豊島区東池袋にて有限会社オフィスアクセアを設立
平成15年 東京都新宿区荒木町に所在地を移転する。
資本金を1000万円に増資し株式会社アクセアへ組織変更する。
四谷店をオープンする。
平成17年 第三者割当増資により資本金を2950万円となる。
渋谷並木橋店、田町店をオープンする。
平成18年 西新宿店、新橋店をオープンする。
WEB入稿システム開発しサービスを開始する。
第三者割当増資により資本金48,437,500円となる。
平成19年 プライバシーマーク認定取得する。
平成20年 大手町店、岡山駅前店、神田昭和通り店をオープンする。
第三者割当増資により資本金 66,437,500円とする。
平成21年 横浜ランドマークタワー店をオープンする。
平成22年 京橋店、本町店をオープンする。
情報セキュリティマネジメントシステム国際規格ISO27001認証を取得する。
小川町店をオープンする。
第三者割当増資により資本金81,437,500円とする。
平成23年 赤坂見附店、東銀座店、梅田店をオープンする。
シンガポールに子会社ACCEA SINGAPORE PTE LTDを設立
平成24年 麹町店、八丁堀店、堺筋長堀橋店をオープンする。
平成25年 渋谷駅西口店、西池袋店、新宿南口店をオープンする。
平成26年 市ヶ谷店、関内店、汐留シティーセンター店、四ツ橋店、赤坂アークヒルズ店、エキマルシェ大阪店(JR大阪駅内)をオープンする
平成27年 那覇店、早稲田店、渋谷青山通り店、茅場町店、秋葉原店、四谷店、肥後橋店をオープンする
平成28年 札幌北二条店、伏見店、溜池山王店、tocoche楽天市場店、虎ノ門店、渋谷店をオープンする
平成29年 三ノ宮店、ニューヨーク店、新宿御苑前店、築地店、博多駅前店をオープンする
平成30年 堂島店、六本木店、五反田店、大宮駅西口店をオープンする

フィロソフィー

アクセアの経営理念

  • 楽しい職場、やりがいのある仕事、自己が成長できる環境を協力し合って創り上げる。
  • お客様に親しまれ、必要とされ、信頼される企業を創造する。
  • 社会の一員としての責任を果たし、積極的な姿勢で世の中に貢献する。
  • 事業を通して社会の繁栄、人類の進歩に貢献する。
  • 成果を出し貢献した人が報われる会社となる。

アクセアの基本行動指針12ヵ条

  • 品質とスピードを重視する。
  • 直ぐ行動に移す。
  • 言われた事をするだけでなく、それ以上の事を心掛ける。
  • チームワークを大切にし、面と向かって率直に話し合う。
  • 卑怯なことはせず、正々堂々と行動する。
  • むやみに人を責めない。
  • 情報には敏感であるように心掛ける。
  • 共有スペースは常に整理整頓する。
  • お客様だけでなく、仕入先にも礼を尽くす。
  • 改善や新しい事にチャレンジし続ける。
  • 仕事とプライベートの区別をつける。
  • 臨機応変にバランスの取れた判断ができるように心掛ける。


アクセアの一員としての心構え20ヵ条

  • 何事も自分次第、待っていても自分が行動しなければ何も変わらない。
  • 運が悪いと嘆いているだけの人はそれ以上の運はつかめない。運をつかめる人は自分の運も実力と受け入れ努力する。
  • 行動する前から駄目だとあきらめている人は、今以上の事はできないだけでなく、大きな喜びも得られない。
  • 何でも上司や会社のせいにして不平を言っているだけの人は、どんなにすばらしい会社に行っても同じ事を繰り返す。
  • ポジティブな人はポジティブな人を呼び発展していく。ネガティブな人はネガティブな人を呼び自滅していく。
  • お客様の立場になって考える事ができない人は、仕事ができず、成果もだせない。
  • わかりましたと返事をしながらなかなか行動に移せない人は、自分が仕事をできないという事をわかっていない。
  • 自分の主張を通したければ、自分の責任を果たして結果をださなければいけない。
  • 仕事ができる人はどのようにすればできるか考える。仕事ができない人はできない言い訳を考える。
  • 仕事ができる人は誰かがしてくれると思わず、自分が率先して行う。
  • 部下がついてくるリーダーは客観的に叱り後に残さない。部下がついてこないリーダーは感情で怒り後を引く。
  • 会議で自分の意見を述べないのに、陰で雄弁に批判するのは恥ずかしい事である。
  • 何でも否定し不平を述べるのではなく、不平を言う前に率先して案を出すのが筋である。
  • 決まった事を守れない人、言われた事もできない人、無責任な人は、他人に迷惑をかけるだけでなく結果的に自分も損をする。
  • 部下の怠慢を注意できない上司は自分が大変になるだけでなく、まじめに努力している部下にとっては最悪な上司になる。
  • 何もアピールしないでも、上司や会社に評価してもらえると思っている人は、数知れないチャンスを逃している。
  • 自分の不満をみんなが言っているという事で報告する人は、自分の言葉として言えない卑怯な人である。
  • 人に任せる勇気がなく、すべて自分でしないと安心できない人は大きな仕事をこなせない。
  • コミュニケーションを軽視し、話し合いを避ける人は管理職としては成功しない。
  • 20歳を過ぎると自分の意見をしっかり持たなければならない。
    30歳を過ぎると自分の能力を客観的に評価できなければならない。
    40歳を過ぎても能力を発揮できない人は謙虚に人の意見を聞けるように成らなければならない。
    50歳を過ぎても成果を出せない人は自分という者を受け入れなければならない。

「アクセア」の由来

「access」アクセス(接続)すると「accelerate」加速(成長、進展)すると言う単語と、メール、インターネットの代名詞である「@」マークを掛け合わせた言葉です。

アクセアを設立した当時、データの受渡しなどはすべてMOやCD-ROMを引き取りに行っていました。
インターネットは世の中、社会の構造を変え、第3次産業革命と言われるほどの革命をもたらしましたが、まだまだインターネットの有効利用は業種によっては出来ておらず、アクセアのような文字や画像を扱う業態は金融や通販、音楽などと同じように、インターネットをもっとも活用できる業態の1つでありました。

それが当社を設立した頃からADSLなどブロードバンドが爆発的に普及し、印刷に耐えうる重たい画像をインターネット経由で送る事ができ、日本全国、又は世界中からでも版下データを受け取る事ができるようになり、インターネットからの入稿などデータの物流コスト、手間、時間を大幅に削減できるようになりました。

アクセアはそのインターネットをお客様にもっと便利に利用してもらい、情報化社会の中で氾濫する情報を効率良く加工する事により、人類の進歩を加速させる企業として、新しい情報加工という業態を確立し世の中に必要なインフラとなり、当社をご利用の際に「@」マーク(インターネット)を利用してどんどん「アクセス」して効率よく業務を「加速」して欲しいとの願いを込めて「アクセア」という名前になりました。